フランス語圏文化学科
学生の声

H. I.(2018年度学部3年生・女)

H. I.(2018年度学部3年生・女)


フランスと聞くと沢山の魅力的なキーワードが思い浮かびます。私はクラッシックバレエをはじめとするフランスで盛んな舞台芸術に強い関心があり、それらを育む背景となった豊かな文化についてより深く学びたいと思い仏文科への入学を決めました。
文化について深く理解するために、まずはそれらを取り巻く言語を適切に運用する能力を身につけることを目指し、楽しく且つ真剣に日々学んでいます。1・2年次の間は少人数のクラスでの綿密なフランス語の授業を基盤に、文学思想、言語翻訳、舞台映像、広域文化などの幅広い視点からフランス語圏の文化を学習します。仏文科の学生閲覧室及び開架式の書庫も非常に充実しており、興味ある分
野に関しては自分のペースで追究することができます。
2年次に進級する前の春休みには1か月間パリに短期留学し、憧れのフランス文化を肌で感じ堪能しました。パリ滞在中は1年間かけて授業で学んだことを実際に活用する機会が多くあり、今後の学習に対するモチベーションもさらに向上しました。