Département d’étude des civilisations de langue française

カリキュラム

履修の流れ

一年次
フランス語の基礎を習得:「基礎演習Ⅰ」をはじめ週5コマ、日本人教員、ネイティヴ教員によって、フランス語圏文化学科で学ぶために必要なフランス語の基礎的な力を身につけます。
様々な研究領域の基礎を学ぶ:自らの関心に応じて各コースの「フランス語圏文化入門」を履修します。

二年次
フランス語力を高める:「基礎演習Ⅱ」をはじめ週5コマ、日本人教員、ネイティヴ教員による授業で中級フランス語を学び、専門の学習に必要なだけの語学力を身につけます。
専門的な学習の本格的な開始:「フランス語圏文化講義」を履修できるようになり、様々な分野に触れながら、3年次以降で取り組みたい研究テーマを探します。

三年次
ゼミナールに参加:自分の進むコースをひとつ選択し、そのコースが指定するゼミナールに参加します。ゼミナールでは少人数の演習形式によって、担当教員の選んだテーマを深く研究します。
豊富な専門の授業:「フランス語圏文化演習」を履修できるようになります。学生の発表や質疑応答を通してひとつのテーマを掘り下げる密度の濃い授業が行われます。
実践的なフランス語:実践的なフランス語力を強化する「フランス語実習」やフランス人教師による「フランス語演習」が始まります。
卒論への準備:卒業論文や卒業翻訳を書くための実践的な訓練である「論文指導演習」が始まり、きめ細かい指導を受けることができます。

四年次
卒業論文、卒業翻訳、卒業演習の選択:卒業論文を執筆するか、論文の代わりとなる翻訳をするか、あるいはフランス語と文化の理解力を高めるための卒業演習を受けるかを選びます。いずれも教員の丁寧な指導と教育を受けながら、4年間の勉学の集大成を行います。

カリキュラム表

curriculum-2.jpg

フランス語教育

1)1、2年次のフランス語
 1年次、2年次ではおのおのフランス語の学習は、必修として週5回(1回90分)あります。その中心となるのが「基礎演習I」(1年次の専門科目)と「基礎演習II」(2年次の専門科目)です。「基礎演習I」では、フランス語の仕組み、基礎的な文法知識、また基本的な語彙、表現を正確に覚えたうえで、簡単なテクストが読めるようにします。また「基礎演習II」では、中級文法を学びながら、より高度なテクストの読解ができるようにします。
  またテクストを読むだけでなく、話す・聞くという実践的なフランス語力を養うために、ネイティヴ教員の授業も多く置かれています。1年次には週1回、2年次には週2回ネイティヴ教員によるフランス語の授業が必修です。さらに3年次以上の専門科目の授業においても「フランス語演習」(必修)のほか、ネイティヴ教員による授業を選択することができます。

2)3年次以上のフランス語
 3年次以上には、読む・書く・聞く・話すという総合的なフランス語能力向上のために、「フランス語演習」(必修)、さらに「フランス語実習」(選択)を置きます。また言語・翻訳コースの「フランス語圏文化演習」科目には「翻訳実習」を入れて、「翻訳」をするためのフランス語力を養います。

資格試験

 3年次以降の学生にはTCF(フランス語実力試験:フランス教育省が全世界100ヶ国以上で行っているフランス語の学力検定試験。詳細はこちら)の受験を推奨しています。演習科目「フランス語実習」の受講者は必ずこの試験を年に一回(12月の予定)受験することになります。試験は筆記試験のみ(聴き取りあり)、90分です。試験の詳細などについては、上記演習科目の授業内で説明します。

卒業論文・卒業翻訳・卒業演習

 4年次には大学での研究の総仕上げとして、「卒業論文」「卒業翻訳」「卒業演習」からひとつを選び、履修します。

1)「卒業論文」
自分の選択したコースの領域にあったテーマを選び、自分のゼミの担当教員の指導を受けながら、A4で約60枚程度(400字詰め原稿用紙で100枚程度)の論文を書きます。(→「近年の卒業論文題目の例」参照)

2)「卒業翻訳」
卒業翻訳では、未邦訳フランス語テクスト(20-30ページ程度)の翻訳に序文、解題、結論などをつけたものを書きます。

3)「卒業演習」
卒業演習は、自分で論文を書くよりも、授業を受けながら自分の関心をさらに深めたい、広めたいという学生用に設けられています。卒業演習科目から3科目を選び、履修します。

近年の卒業論文題目の例

*エミール・ゾラ研究-商業空間を舞台にした二作品における考察-
*ジャン=ジャック・ルソー研究-『告白』・『孤独な散歩者の夢想』におけるルソーの幸福感
*センベーヌ・ウスマン研究 -作品に見る女性の描き方-
*テオフィル・ゴーチエ研究 -『七宝とカメオ』における理想美について-
*『美女と野獣』について -ボーモン夫人版を中心にヴィルヌーヴ夫人版との比較-
* パトリック・モディアノの研究 -自伝的作品の描き方、歴史へのアプローチについて
* ラ・ロシュフーコー研究 -自己愛とオネットムに関する試論-
* ヴィクトル・セガレンについての講究 -エグソティスム-
* フランスの差別問題 -差異からみる人種差別-
* サミュエル・ベケット研究 -『名づけえぬもの』における他者性の考察-
* ミュシャとポスター芸術
* 犯罪大通りにおける演劇について
* 魔女論 -ジュール・ミシュレ『魔女』考察-
* ドビュッシー研究 -『ペレアス』に見る象徴主義者ドビュッシーの姿とは-
* ボリス・ヴィアン研究 -L'Ecume des joursにおける美-
* シャルル・ペロー研究 -サンドリオンにおける「fée」について-
* ナチ占領下におけるフランス映画
* アルチュール・ランボー研究 -初期詩篇における詩法の変容-
* アンドレ・ブルトン研究 -『ナジャ』における挿入図版について-
* プルースト研究 -マドレーヌのレミニサンスについて-